マイケルジャクソンダンサーオーディション。

これであなたもキレッキレダンサーの仲間入り!踊りにキレを出す為のヒント。

世界のスーパースター!マイケルジャクソンのダンサーオーディションの様子です。エンターテイメント界の頂点に立つマイケルのオーディションともなれば、

世界中から最上級レベルのダンサー達が集まってきます。

最上級ダンサー達の動きはやはりキレッキレですね!!

踊りにキレを出す!!

キレキレっのダンスはダンサー誰もが憧れるものです。

では、一体どうしたら、ダンスにキレが出るのでしょうか?

踊りのキレとは何?


踊りのキレとは、それそれの動きを音に遅れることなく素早く瞬時に動く事で出る踊りのシャープさの事を言います。

一つ一つの動きを素早く動き重ね、無駄な動きを最小限になくす事でダンスにキレが出て、見ていて飽きない踊り方になるのです。

素早く瞬時に動く=瞬発力

つまり瞬発力を鍛えれば、踊りにキレが出始めるのです。

瞬発力とは何?


瞬発力は、その瞬間に発揮するパワーのことです。

ある動作に入るまでの神経の伝達速度が早いほど、高い瞬発力を発揮することが可能です。

神経の伝達速度は「反応」にかかる時間のことで、人間の場合0.1秒を切ることはできないとされています。

この「反応」を限りなく0.1に近づけることでより早い動作を繰り出すことができます。

筋力と脳の機能向上がカギ


瞬発力を発揮するために筋力は重要ですが、筋力だけではパフォーマンスを最大に発揮することはできません。

筋肉が動くには、

  1. 脳から命令(電気信号)が送られる
  2. 神経に伝わる
  3. 筋肉が動く

という、ルートを通らなければならないためです。

このルートの事を、「脳の実行機能」と呼びます。これを鍛えるのに有効なのが、”繰り返し練習する”ということです。

例えば、ターンなどをする場合、利き手や利き足の方が素早く、ぶれなく動作が可能であるのに対し、逆の手、逆足の場合は動きが鈍くなります。

そんな経験のあるダンサーの方もたくさんいると思います。

これは、利き手、利き足は普段から十分に動かしているので自然と神経の伝達速度を早くする訓練が行われているのに対して、逆の手、逆足はその訓練が行われていないためです。

踊りのキレを出すために大切な事は、脳の実行機能を鍛え、伝達速度を速める為に日々繰り返し踊りまくる事が大切なのです。


CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

©2018 wdagroup.net

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account