海外有名アーティスト「リアーナ」のバックダンサーオーディション

世界的に有名な海外アーティスト「リアーナ」のバックダンサーオーディションの様子です。

海外のダンスオーディションも日本同様、オーディションの課題振り付けを覚えグループなど少人数に分かれて、審査員の前でダンス振り付けを披露する形のダンスオーディションがほとんどです。

課題の振り付け以外にも、フリースタイルを審査される時間や面接を取り入れているオーディションもあります。

ダンスオーディションに必要な3つの基本的スキル

1、オーディションの課題振り付けを正確に踊るスキル

2、数多くのダンサーの中で目立つ為のスキル

3、強い精神力

上記3つの基本的なスキルはオーディションを受ける上で必ず必要になります。

1、オーディションの課題振り付けを正確に踊るスキル

オーディション会場についてその場で覚えなくてはならない課題振り付け。

短い時間の中、正確に覚えなければいけません。そして、たくさんのダンサーが同時に振り付けを覚えるので、振り付けがしっかりと見える場所を確保する必要があります。

振り写しをするインストラクターによっては、前後のラインを交代しながら、全てのダンサーが振り付けを覚えられるように考慮をしてくれるインストラクターもいますが、そうでない場合もあります。’

このように、瞬時に振り付けを覚え、全ての実力を発揮する為には、日頃から様々な講師のダンス振り付けを覚え、完璧に踊る練習を重ねる事が必要になります。

2、数多くのダンサーの中で目立つ為のスキル

数多くの実力があるダンサーたちが集まってくるオーディション会場の中で、目立てなければ、審査員の記憶に残る事はありません。

記憶に残らせる為には、自分の踊りの良さを最大限に見せる事が必要になります。

自分の個性、自分にしか出せない雰囲気や色というのを日頃から考えながら振り付けを踊る練習を重ねながら、自分の踊りの良さ=踊りのセールスポイントを明確にしていきましょう。

3、強い精神力

上手く踊れているダンサーを目の前にすると圧倒されてしまう事もあるかと思います。しかし、常に自分が一番上手いという自信が持てないと、今まで練習してきた成果が100%発揮できません。

本当は、もっと踊れるのに、、、。と後悔をしない為にも、自分に自信を持ち強い気持ちでオーディションに挑む精神力が必要になります!!

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

©2018 wdagroup.net

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account